INTRODUCTION イントロダクション

心えぐられる衝撃のサスペンス大作

国内外で多数の映画賞を受賞した『悪人』(10年公開)、『怒り』(16年公開)と、映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。自身、「こんなにも物語をコントロールできず、彼らの感情に呑み込まれそうになったのは初めて」と語る、新たな最高傑作「犯罪小説集」が、2部作の超大作『64-ロクヨン-』(16年公開)を大ヒットさせた名匠・瀬々敬久の監督・脚本により映画化。

青田に囲まれたY字路で起こった少女失踪事件。12年後─、事件は未解決のまま、再び惨劇が起こった。事件の容疑者として、住民の疑念から追い詰められていく青年・中村豪士(たけし)に人気、実力を兼ね備える俳優・綾野 剛。『怒り』『64-ロクヨン-』でも好演を魅せた綾野が、本作では主演として、孤独を抱えながら生きる青年を熱演する。被害少女と事件直前まで一緒だった親友・湯川 紡(つむぎ)に、急成長を遂げる若手注目女優・杉咲 花。心に深い傷を負うも、豪士と互いの不遇に共感しあっていく。Y字路に続く集落で、村八分になり孤立を深め壊れていく男・田中善次郎(ぜんじろう)に、『64-ロクヨン-』で圧巻の演技力を見せつけた佐藤浩市。次第に正気は失われ、想像を絶する事件へと発展する。更には、被害少女の祖父・藤木五郎に柄本 明、紡に想いを寄せる幼馴染・野上広呂に村上虹郎と、豪華かつ個性溢れる面々が揃い、作品世界を完成させた。

Y字路から起こった2つの事件、そして容疑者の青年、傷ついた少女、追い込まれる男……3人の運命が繋がるとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。彼らが下した決断とは─。楽園を求める私たちに、突き付けられる驚愕の真実とは─。

  • 特報
  • 綾野 剛×吉田修一特別対談
  • 超特報